0

火葬から葬儀、そして納骨までできるところがいい

愛犬、愛猫との暮らしは短い

愛犬にしろ愛猫にしろ、一緒に暮らしているこの毎日が当たり前のことに思われ、
いつかこの生活に終わりがやってくるとは考えないものです。
特に人間とは違って動物たちは、毎日ポジティブシンキングで暮らしているようですので、
人間にこの小さな命の終わりについて、あまり考えさせないところがあります。
人間は自分の命の終わりについて普段の生活の中でもしばしば考えるのに対し、
かわいがっている愛犬や愛猫に自分よりも早くその終わりが来るという事実を考えることが少ないのは、
動物たちが持つ前向きなパワーの賜物なのかもしれません。
長生きするようになった犬猫ですが、平均して15年も一緒にいられれば、長く過ごせたと言っていいでしょう。
15年というと長く感じるかもしれませんが、毎日の積み重ねの結果が15年ですので、
別れを目の前に突き付けられると、何とかして抵抗したくなってしまいます。
大森ペット霊堂 ウェブサイト

小さな命を天に返そう

一説には、犬というのは神様が天国からうっかり転がり落ちてきた存在ともいわれます。
GODをさかさまにするとDOGと読めるからです。
真偽は定かではありませんが、人間ではない生き物が、
人とここまで心を深く通い合わせることができるというのは非常に不思議なことで、
神様の何らかの力が働いているのかもしれません。
そんな小さなかけがえのない命と15年あまりも一緒に過ごせたことは、神様からの大きな贈り物です。
ですから、その命が尽きた時には神様の元へ帰してあげるのが一番です。
感謝の気持ちを込めて亡骸を火葬し、葬儀を行って土に返してやることが、飼い主に残された最期のお世話でしょう。

ペットが亡くなったら

保健所に連絡をすれば、亡骸を引き取りに来てくれます。
そして、他の子と一緒に合同火葬され、合同供養塔にお骨が埋葬されます。
かつてはこの方法しか手段がありませんでしたが、今は違います。
ペットの火葬及び葬儀を手掛ける会社がありますので、信頼できるところを選んで、
火葬と葬儀の依頼をすることが大事です。
きちんと弔いますといって預かっておきながら、亡骸を遺棄していた悪質業者が摘発されていますので、
ちゃんとした実績があるところを探すのが重要なのはいうまでもありません。
昨今、たいていの子は動物病院を受診していますので、動物病院に相談するのもお勧めです。
信頼できる業者を知っていて、紹介してもらえます。

どうやって火葬するか

火葬炉を持っているペット専用の霊園なら、個別火葬をしてくれますし、火葬に立ち会うこともできます。
あるいは、個別火葬したいものの、仕事で立会いができないので、お骨にして返してほしいと頼むこともできます。
ただ、頼んで預けてしまうとどうしても不安が残りますので、
そのような場合は火葬車で家まで来てもらう方法もいいでしょう。
火葬するための炉を積んだ車でやってきて、火葬をしてくれます。
超小型や小型犬、猫といったペットなら、霊園に行くのがむずかしい場合は家に来てもらって、
車でお骨上げをするのがいいかもしれません。

葬儀の手配はどうするか

火葬する前にお通夜、さらには告別式を行いたいのであれば、葬儀も手掛けている業者を選ぶことになります。
火葬、葬儀、さらには合同供養塔や個別の墓を購入して納骨ができる霊園であれば、
火葬はこちら、葬儀はあちら、埋葬はどこでしようかとあれこれ悩まずに済みます。
昨今、人のお寺でも共に暮らしたペットのお骨を納めてくれるところがあり、ずっとそばにいられるとして人気です。
とはいえ、先祖代々の墓に一緒に納骨ではなく、動物のために作られたお墓へ合同納骨となることがほとんどです。
家のお墓に一緒に入ることは不可能なのであれば、ペットはペットのための霊園で眠るのが幸せかもしれません。
火葬から葬儀、そして納骨まですべて任せられる信頼できる業者を見つけたら、しっかりとお弔いができることでしょう。

0

ペット火葬やペット葬の利用の仕方

業者選びからスタート

可愛がっていたペットが亡くなり、火葬の必要が生じた場合、葬儀をしたいと考えた時、何から始めればいいのでしょうか。
初めての場合どうすればいいのか迷われる方もいますが、基本的には人の場合と同じです。
ペット火葬やペット葬はペットが単なる愛玩動物ではなく、家族の一員や人生のパートナーとして考える人が増える中で、
人間と同じように弔いをしたいというニーズをとらえて生まれてきたサービスです。
そのためサービス内容や利用の流れ、用意されるプランやツールなども、
人が葬儀会社を利用する、葬儀プランを利用する場合ととても似ています。
ですから、基本はどの業者に依頼するかという業者選びからスタートすることになります。

生前相談から突然の依頼まで安心対応

ペットも人間も同じで、死はいつ訪れるか分かりません。
老衰や介護が必要になってこの先あまり長くは生きられないと理解した段階や、
獣医師からあと数日といった余命宣告を受けた場合に、生前から業者探しをすることもできます。
大好きなペットがまだ生きている間に探すのは辛いとは思いますが、
早めに情報収集していくことで、納得のいく業者や希望に合ったサービスを見つけることができるでしょう。
一方、多くのケースは突然の事故や急に具合が悪くなって亡くなるなど、
準備する間もなく亡くなられることがほとんどです。
突然の死に悲しみは尽きませんが、ここも人と同じで亡くなれば、どんどん死後硬直が進み、
腐敗も進んでいきますので、そのまま名残を惜しんでいることはできません。
特に夏場などは腐敗の進行が速いので、早めに業者を見つけて遺体の保全措置のアドバイスをもらう、
ドライアイスなどを持ってきてもらうのが安心です。
業者には通常、対応エリアがありますし、利用する側もあまり遠方の業者では利用がしにくいので、
お住まいの地域周辺で対応している業者やペット向けの寺院を探しましょう。
マイカーや公共交通機関でご遺体を運べるならそれでもよいですが、送迎サービスをしてくれる業者もあります。
ご遺体を運ぶ手段がない方や、悲しくて車の運転ができない、そばに寄り添った状態で連れていきたい、
ご遺体の状態や臭いが気になって電車に乗るのは無理という方は、送迎サービスを提供している業者を見つけるのがおすすめです。

プランを決めよう

業者が決まったら電話や専用フォームなどから連絡をとり、ペットの種類やお大きさを告げてプランなどを選びましょう。
プランには大きく個別葬と合同葬が用意されている場合が多いです。
個別葬はご遺体を1体ずつ火葬して葬儀をしてくれるプランで、ご遺骨が戻ってくるので安心です。
一方で合同葬は料金は安くなりますが、ご自身のペット以外の同時期に依頼を受けたご遺体と一緒に火葬しますので、
ご遺骨が混じって分からなくなってしまいます。
ご遺骨は手元に手元に戻らなくても、予算の範囲で利用されたい方や合同供養塔などに入れて弔いをしたい方におすすめです。
この違いをきちんと理解していないと、料金だけ選んでしまい、遺骨が戻って来なかった、
分からなくなったと悲しむリスクもありますので、プランの内容と料金はしっかりと確認をとってから申し込みをしましょう。

予約を入れよう

プランも決まったら、いつ火葬や葬儀を行うかを決めます。
ご遺体の状態もありますので、なるべく早めがよく、最短で当日や翌日の対応が可能な業者もあります。
一方、出張中のご家族や遠方に住んでいるご家族が戻ってきてからとか、
全てのご家族がお休みをとれる土日にしたいなど、少し日程があく場合には予約を入れるとともに
遺体の保全についてアドバイスやサポートを受けてください。

0

ペットの火葬と葬儀が必要な人が増えています

ペットという呼び方さえ合わない時代

今や、ペットという言葉にさえも嫌悪感を覚え、家族やコンパニオンアニマルといった呼び方にこだわる人が増えています。
いずれも共通する意識として、家族同然の存在なのではなく、家族そのものなのだという強い思い入れです。
確かに犬や猫は人の心の機微を敏感に察知し、驚くようなことをいろいろやってくれます。

忠実な態度に感激

仕事や外出先から帰って来ても、家族は誰も出迎えにも来ないのに、犬は大喜びで迎えてくれます。
猫はきちんとお座りをして、まるで三つ指ついておかえりなさいませと言ってくれているかのような行動をすることは、
実際に彼らと暮らしたことのある人なら、少なからず経験していることです。
家の中のどこに行くときもくっついてまわり、ベッドや布団に一緒に入り、腕の中でぐっすり眠る子もいます。
時には寝言を言う場合や、お腹を無防備にさらして安心しきった姿で寝ている姿は、
心の底から信頼している人にしか見せないものです。
それでいて、ぐっすり寝ているから起こさないようにそっと動いても、すぐさま気配を察知して目を覚まし、
どこに行くのと問いかけるように見るなど、全面的な信頼を寄せてくれていることが分かります。
また、信頼だけでなく、その目には掛け値なしの好きという気持ちが込められていることに疑いの余地はありませんので、
人が動物に魅了されるのも無理はありません。

愛した人ほど注意が必要

犬なら毎日散歩に出かけ、用意したご飯を美味しそうに食べる様子に目を細めます。
遊んでほしいとねだってきたかと思えば、落ち込んだ時にはじっと顔を覗き込んだりと、犬は飼い主のことをいつも見ています。
かまってほしいときもあれば、大好きな飼い主さんが元気がないことを心配してもくれる存在です。
猫は幾分気まぐれなところはあるものの、そのツンデレな態度で楽しませてくれます。
そんな彼らを愛するなと言っても、おそらく無理でしょう。
全身全霊で愛してくれる彼らだからこそ、人は動物に対しては素顔をさらせるのです。
そんな全力で愛した人ほど、ペットを失った時には注意が必要です。
彼らの寿命は短く、いつかは旅立つ日がやってきますが、初めて飼った人は
いつかやってくる別れのときのことをあまり考えません。
ペットは常に明るく、ポジティブに暮らしているからです。
そのため、急にその存在がなくなってしまうと、かなりのペットロスに陥ってしまうのです。

愛したからこそしっかりお弔いをしよう

昨今、ペットの火葬や葬儀を行う業者が増えています。
人と全く同じように火葬し、お骨を上げ、供養塔やお墓を購入して納骨を行います。
ペットと暮らしたことがない人や、そもそも犬猫が嫌いな人にとっては茶番と映るかもしれませんが、
命あるものが天国へと旅立ったのですから、きちんとお弔いをしてやるのは、ペットと暮らしてきた人にとっては当然のことです。
亡骸が炉の中に入っていく時には、こらえきれない涙が溢れます。
そしてお骨になって上がってくると、ああ、天国へ行ったのだなと気持ちのどこかで踏ん切りがつきます。
それは、愛した子へ最後のさようならの気持ちと言えるでしょう。

家で弔う時間を作ろう

火葬後、すぐに納骨する場合、火葬の際と納骨の際には僧侶が読経してくれます。
これが、葬儀ということになりますが、火葬後、お骨をいったん家に持ち帰ることもできます。
大好きだった家に祭壇を作ってお骨を安置し、写真を飾ってお水やお菓子をお供えし、
お線香をあげてやることで、気持ちが落ち着いてきます。
手を合わせ、小さな御霊が天国へ無事に向かえるように祈ってやることもできます。
これを四十九日、あるいは百か日間行うことで、きちんと葬儀を終えたと実感できるようになります。
愛してやまなかった大事な存在だからこそ、きちんと火葬をしてお骨にし、
時期がきたら土に返してやることが、飼い主としてできる最後のお世話です。
火葬をして葬儀をすることは動物たちの御霊を弔うと同時に、愛する存在を失った飼い主を
ペットロスから救ってくれる、もっとも効果のある方法です。

0

ペットの葬式って人間のものと違いはあるの?

ペットはもはや家族

犬や猫など、家の中で一緒にペットを飼っていると、ペットと言えどもまるで家族のようになっていきます。
子どものように甘えられたり、ペットから癒されたり、また気持ちが通じ合うような瞬間は本当にうれしいものです。
きっと、ペットも自分のことを家族の一員のように感じながら生活しているのではないかと思います。
それだけにペットとの死別は辛いものになります。
犬や猫の寿命は10年から長くて15年前後です。
人間よりも圧倒的に寿命が短いわけですから、必ず別れの時がやってきます。
別れが辛いからペットは飼わないという人もいることでしょう。
しかし、短い時間であっても、ペットと一緒に過ごす時間は本当に貴重な時間です。
短い命だからこそ、ペットとの1日1日を大切にしたいものです。

短い寿命の最後のお別れ

犬や猫は多くの場合、10歳を過ぎてくることから体が徐々に弱くなり、いろいろな病気にかかりはじめるようになります。
動物は自分で苦しいと言葉に出すことができないので、飼い主はそれに気が付いてあげなくてはなりません。
年老いたペットがいると、心配だから家から離れられないという飼い主も少なくないようです。
このような状態が長く続き、ついに最後の別れのときがやってくるわけです。
来るべき時が来たとは言うものの、本当にショックを受けることでしょう。
悲しみに打ちひしがれてしまい、ペットロスと呼ばれるうつ病のような状態に陥ってしまう方も少なくありません。
だからこそ、最後の別れはきちんとしてあげたいものです。

ペットブームの恩恵

幸いなことに、ペットブームが起こったことによって、
ペットに必要なあらゆるサービスが手軽に受けられるようになりました。
ペットの美容院やホテル、ペット同伴の喫茶店まであったりします。
そしてペットを専門とする葬儀屋さんも、もちろんあります。
ペット葬儀は人間の葬儀と同じように進められていきます。
変わることは何もありません。
人間との違いを挙げるとすれば、費用がとても安いということでしょうか。
しかし、しっかりと葬儀を行い、火葬、そして骨の管理まで、すべて可能です。
家の庭にペットの骨を埋めるというのは昔の話で、人間と同じようにすべてがスムーズに進行していきます。
ペット葬儀の専門業者は地域に複数ありますので、最適な業者を選ぶようにすると良いでしょう。
手続きの手順は、まず電話などで連絡を入れ、いろいろわからないことがあれば、尋ねてみると良いでしょう。
通常24時間365日体制で対応しています。
葬儀の進め方から費用のことまでわからないことを質問してみると良いでしょう。
そして、すべてを納得した上で申し込むことをおすすめします。

ペット葬儀の流れ

業者に連絡を入れた後は、見積もりをとります。
見積額はペットの種類や葬儀や火葬の方法などによってかなり変わってきますので注意しましょう。
見積額に納得したら正式に契約し、葬儀の準備に入っていきます。
葬儀では、生前愛用していた物などを一緒に持ってきてあげると良いでしょう。
火葬の方法は主に合同火葬と個別火葬に分かれます。
合同のほうが費用が安いですが、遺骨の返還ができません。
個別火葬の場合は遺骨の返還をどうするのか選ぶことができます。
また家族立ち合い葬のような、人間の葬儀とほとんど変わらないものもあります。
遺骨に関しては、合同火葬の場合は合同供養をした後に、その一部が合同お墓にて納骨されます。
個別や家族立ち合い葬の場合は遺骨をいったん持ち帰り、改めて納骨することになります。
ペット葬とはいえ、決して適当なものではなく、とても心のこもったものであり、
最後の別れをしっかり行うことができます。
最後の良い思い出として心に刻まれることでしょう。

0

大切なペットの別れは心のこもったペット葬で

ペットはもはや家族

犬や猫など、家の中で一緒にペットを飼っていると、ペットと言えどもまるで家族のようになっていきます。
子どものように甘えられたり、ペットから癒されたり、また気持ちが通じ合うような瞬間は本当にうれしいものです。
きっと、ペットも自分のことを家族の一員のように感じながら生活しているのではないかと思います。
それだけにペットとの死別は辛いものになります。
犬や猫の寿命は10年から長くて15年前後です。
人間よりも圧倒的に寿命が短いわけですから、必ず別れの時がやってきます。
別れが辛いからペットは飼わないという人もいることでしょう。
しかし、短い時間であっても、ペットと一緒に過ごす時間は本当に貴重な時間です。
短い命だからこそ、ペットとの1日1日を大切にしたいものです。

短い寿命の最後のお別れ

犬や猫は多くの場合、10歳を過ぎてくることから体が徐々に弱くなり、いろいろな病気にかかりはじめるようになります。
動物は自分で苦しいと言葉に出すことができないので、飼い主はそれに気が付いてあげなくてはなりません。
年老いたペットがいると、心配だから家から離れられないという飼い主も少なくないようです。
このような状態が長く続き、ついに最後の別れのときがやってくるわけです。
来るべき時が来たとは言うものの、本当にショックを受けることでしょう。
悲しみに打ちひしがれてしまい、ペットロスと呼ばれるうつ病のような状態に陥ってしまう方も少なくありません。
だからこそ、最後の別れはきちんとしてあげたいものです。

ペットブームの恩恵

幸いなことに、ペットブームが起こったことによって、
ペットに必要なあらゆるサービスが手軽に受けられるようになりました。
ペットの美容院やホテル、ペット同伴の喫茶店まであったりします。
そしてペットを専門とする葬儀屋さんも、もちろんあります。
ペット葬儀は人間の葬儀と同じように進められていきます。
変わることは何もありません。
人間との違いを挙げるとすれば、費用がとても安いということでしょうか。
しかし、しっかりと葬儀を行い、火葬、そして骨の管理まで、すべて可能です。
家の庭にペットの骨を埋めるというのは昔の話で、人間と同じようにすべてがスムーズに進行していきます。
ペット葬儀の専門業者は地域に複数ありますので、最適な業者を選ぶようにすると良いでしょう。
手続きの手順は、まず電話などで連絡を入れ、いろいろわからないことがあれば、尋ねてみると良いでしょう。
通常24時間365日体制で対応しています。
葬儀の進め方から費用のことまでわからないことを質問してみると良いでしょう。
そして、すべてを納得した上で申し込むことをおすすめします。

ペット葬儀の流れ

業者に連絡を入れた後は、見積もりをとります。
見積額はペットの種類や葬儀や火葬の方法などによってかなり変わってきますので注意しましょう。
見積額に納得したら正式に契約し、葬儀の準備に入っていきます。
葬儀では、生前愛用していた物などを一緒に持ってきてあげると良いでしょう。
火葬の方法は主に合同火葬と個別火葬に分かれます。
合同のほうが費用が安いですが、遺骨の返還ができません。
個別火葬の場合は遺骨の返還をどうするのか選ぶことができます。
また家族立ち合い葬のような、人間の葬儀とほとんど変わらないものもあります。
遺骨に関しては、合同火葬の場合は合同供養をした後に、その一部が合同お墓にて納骨されます。
個別や家族立ち合い葬の場合は遺骨をいったん持ち帰り、改めて納骨することになります。
ペット葬とはいえ、決して適当なものではなく、とても心のこもったものであり、
最後の別れをしっかり行うことができます。
最後の良い思い出として心に刻まれることでしょう。

0

ペット葬のスタイルやペット供養について

ペット葬のスタイル

ペットが亡くなった場合、ご遺体をどうするかは悩むところです。
今の時代は大切な家族の一員として、人と同じように葬儀や弔いをしたいと思われる方も多いことでしょう。
一方で、物理的や環境的にも遺体を埋める場所や処理に困るというケースも多いと思います。
大型犬をはじめ、マンション住まいなどでお庭もないと金魚さえ葬ってあげる場所がないと
お困りの方もあるのではないでしょうか。
そういったお住まいの事情も含め、ご家族として可愛いがっていたペットを
しっかりとお見送りしたい場合に役立つのがペット火葬やペット葬のサービスです。

ペット向け寺院の利用

ペット火葬やペット葬を提供している業者もいくつか種類がありますが、人気が高いのがペット対応をしている寺院です。
日本では仏教徒の方やご家族の葬儀は仏式で行われる方も多いので、
葬儀といえばお寺や住職に読経をしてもらうスタイルが安心する、馴染みがあるという方が多いのではないでしょうか。
親しみあるスタイルでの葬儀を希望される方には、ペット専用の火葬場や納骨堂やペット霊園なども備わっている、
火葬前に住職による読経を受けることができる寺院がおすすめです。
利用者が予約のうえ、自ら来院して利用することもできますが、送迎サービス付きの寺院も少なくありません。
マイカーがない、マイカーでの移動が難しい状態にあり、
鉄道やタクシーでペットの遺体を運ぶことに抵抗がある方も送迎サービスがあると安心です。

ペット火葬場の利用

ペット火葬やペット葬専門の業者もあります。
人間向けのサービスでいえば、葬儀会社やセレモニーホール的な位置づけです。
プランなども用意され、ホール内で祭壇を設けて葬儀を行い、専用の火葬炉で火葬をしたうえで納骨まで対応してくれます。
ペット霊園などの紹介をしてくれる場合や、中には永代供養塔などの設備を有しているところもあります。

出張火葬サービスの利用

近年はより便利で低コストでのペット火葬ができるよう、
火葬炉を積んだ専用車両で出張サービスを提供する業者も登場しています。
お庭やガレージがあるご家庭なら、ガレージに車を止めてその場で火葬ができ、
自宅に祭壇なども準備してくれるので最期のお別れもしっかりできます。
ご高齢で外出が難しい方がいらっしゃるご家庭でも、自宅で火葬や葬儀ができるのが魅力です。
火葬中も近隣に分からないような装備になっていますが、ガレージがない場合や
近所の目が気になるといった場合には少し移動して、周辺環境に配慮した駐車場などを
利用して火葬を行ったうえでご遺骨を戻してもらえます。

お家でのペット供養

ペット火葬やペット葬が済んでからは、ご自宅で継続的に供養をしたいと希望される方も多いことでしょう。
ペット専門の寺院や葬儀会社では、ご遺骨やご位牌を納めるペット専用のお仏壇や仏具なども
販売しているところもありますし、オンラインショップなどでも購入することができます。
大好きだったペットといつも一緒にいたいと願う方には、ご遺骨の一部をペンダントに入れるサービスなども用意されています。
ペットの写真をインテリアとしても飾れるお洒落な遺影にするサービスや、
ペットの写真から似顔絵などを作成して絵画に仕上げてくれるサービス、
マグカップなどのグッズにペットの写真をもとに画像を焼きつけることや、イラストを入れてくれるサービスなどもあります。

霊園や墓地での供養

お仏壇に骨壺を入れてご自宅で供養されるケースのほか、お仏壇にはご位牌や遺影を納め、
お線香を立ておりんを鳴らして供養し、骨壺はお墓に納めたいという方もいらっしゃるでしょう。
この場合はペット専用の納骨堂や霊園、墓地もあり、お墓を買って専用のお墓や墓碑などを立てることもできますし、
霊園によっては飼い主などご家族と同じお墓や、ペットのお墓を同じ敷地のお隣に立てられるタイプもあります。